VirtualBox初期設定2 – 仮想マシンの作成

2017年8月17日

 

今回は、前回実施しましたVirtualBox初期設定 – 仮想マシンフォルダーの設定の引き続きとなります。

 

さっそく仮想マシンの作成に取り掛かりましょう。

 

 

VirtualBoxバージョン

VirtualBoxバージョン

 

仮想マシンの作成

1. VirtualBoxを開き、「新規(N)」 をクリックします。
または、「仮想マシン(M)」 タブより 「新規(N)」 をクリックしてください。 

新規
 
 

2. 以下を入力し、「次へ」 をクリックしてください。

仮想マシンの作成  

 

3. ここでは メモリに「2048 MB」(2GB)を設定します。
※お使いのPCのスペックに合わせてください。
 PCの動作が重くなるようなら、1GB程度でも問題ありません。
入力後は 「次へ」 をクリックしてください。

メモリの割り当て

 

4. ここでは新しくOSをインストールしていきますので
「仮想ハードドライブを作成する」 を選択して、「作成」 をクリックしてください。

仮想ハードドライブ

 

5. 仮想ハードドライブのファイルタイプは、

「VDI (VirtualBox Disk Image)」 を選択して、「次へ」 をクリックしてください。

仮想ハードドライブ

 

6. 今回は、動的に割り当てを行うことで容量が

節約できる「可変サイズ」を選択して、「次 へ」 をクリックしてください。

ストレージ

 

7. 仮想ハードディスクのサイズには 「20.00GB」 を入力して、
「作成」 をクリックします。

仮想ディスクサイズ

 

8. 作成が完了すると、VirtualBoxに作成した仮想マシンが表示されます。
また、前回(VirtualBox初期設定 – 仮想マシンフォルダーの設定)で
設定したフォルダーに仮想マシンのファイルができていることが確認できるかと思います。

 

virtualbox マネージャ

 

仮想マシンフォルダー

 

以上で、仮想マシンの作成が完了しました。 

 

皆さんお疲れさまでした。

次回は、実際にLinuxのインストールをしていきましょう。

VirtualBox

Posted by あき