condaコマンド 使い方 仮想環境

conda 使い方

以前の記事で、Pythonを使用する際に便利なdirenvの紹介をしましたが、仮想環境はcondaを使用するため、condaで仮想環境を使用する際によく使うコマンドを備忘録も兼ねて記載します。

他にも便利なコマンド等ある場合は是非教えて頂けるとありがたいです。

direnvインストール Miniconda Ubuntu

 

仮想環境 一覧表示

仮想環境を表示するのに、以下の2種類あるみたいだけど、結果の出力は同じみたい。
自分は、conda env listの方を使ってる。

現在の仮想環境一覧が表示されます。

 

仮想環境 作成

以下のコマンドでconda仮想環境の作成ができます。

「Proceed ([y]/n)?」と聞かれますので、「y」を入力すると、仮想環境が作成されます。

 

仮想環境 削除

以下のコマンドでconda仮想環境の削除ができます。

「Proceed ([y]/n)?」と聞かれますので、「y」を入力すると、仮想環境が削除されます。

 

仮想環境 Activate

作成したconda仮想環境を使用する際は、以下のコマンドでアクティベートしてください。

env1の仮想環境をアクティベートしています。
仮想環境内に入ると、プロンプトの先頭に現在いる仮想環境名が表示されます。

 

仮想環境 Deactivate

conda仮想環境から抜ける場合は、以下のコマンドでディアクティベートしてください。

env1の仮想環境をディアクティベートしています。
仮想環境からでると、プロンプトの先頭にあった仮想環境名が表示されなくなり、元に戻ります。

 

仮想環境内のパッケージ一覧

conda仮想環境でインストールされているパッケージを表示できます。

 

パッケージのインストール

conda仮想環境にパッケージをインストールできます。

試しにdjangoをインストールしてみました。

 

バージョン指定時の注意点

こちらはdjangoの古いバージョンをインストールしてみましたが、バージョンを指定するときに注意が必要です。
pipであれば、「$ pip install django==1.11」のように「==」とイコール二個ですが、condaはイコール一個なので、間違えないようにしてください。

 

パッケージがない場合

例えば、「social-auth-app-django」のパッケージをインストールしようとすると、以下のようにありませんと表示されてしまいます。

 

その場合は、以下のように、「-c チャネル名」を指定しましょう。
「conda-forge」がよく使われますが、パッケージ名でググれば、どのチャネルを指定すればよいかすぐ見つかるかと思います。

 

仮想環境 リネーム

仮想環境のリネームは、一度別名で環境をクローンして、古い環境を削除するという方法が一般的のようです。

 

Conda, Python

Posted by あき