MySQL5.7インストール Ubuntu

Linux

以前、MySQL5.7インストール CentOS7で、CentOSの場合のMySQLインストール方法をご紹介しましたが、

今回は、UbuntuでのMySQLインストール方法をご紹介していきます。

 

インストール環境

# cat /etc/os-release
NAME="Ubuntu"
VERSION="16.04.2 LTS (Xenial Xerus)"

 

MySQL APT Repository入手手順

最新のMySQLをインストールするために

まずは公式サイトからAPT Repositoryをダウンロードしましょう。

 

01. MySQL  Download MySQL APT Repositoryを開き、左側の一覧から「MySQL APT Repository」を選択、画面の下の方にある「Ubuntu / Debian (Architecture Independent), DEB Package 」の横にある「Download」をクリックする。

MySQL APT Repository

 

02. ユーザ登録をしてログイン後、ダウンロードをしてもいいのですが

今回は面倒なので「No thanks, just start my download.」を右クリックでURLをコピーし

後程のMySQLインストール手順の「wget」コマンドでダウンロードすることにしましょう。

just start my download

 

MySQL APT Repoインストール手順

01. まずは先程コピーしたURLで「wget」を実施してダウンロードします。

# wget https://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.8.7-1_all.deb

 

02. 次のコマンドで「MySQL APT Repo」のインストールを開始すると

2段落目の文章で

「Once you are satisfied with the configuration then select last option ‘Ok’ to save the configuration, then run ‘apt-get update’ to load package list. 」(設定が完了したら、一番下に表示されているOkを押して保存してください。その後、「apt-get update」でパッケージリストを最新にしてください。)と表示されます。

上記指示の通り、「Currently selected:」の設定が正しく選択されていること(ここでは、mysql-5.7が選択されいればOK)を確認し

「Ok」にカーソルを合わせて「Enter」を押しましょう。

# dpkg -i mysql-apt-config_0.8.7-1_all.deb

 

03. その後上記支持の通り、「apt-get update」でパッケージリストを更新しましょう。

これでMySQLのレポジトリは導入完了です。

# apt-get update

 

MySQLインストール手順

01. 以下のコマンドでMySQLのインストールを開始します。

「続行しますか? [Y/n]」には、「Y」を入力してEnterをしてください。

# apt-get install mysql-server
.
.
続行しますか? [Y/n] Y

 

02. しばらくすると以下のような画面が表示されますので、rootユーザのパスワードを入力して、「了解」にカーソルを合わせてEnterを押しましょう。

もう一度パスワードの入力を求められますので、再度入力してください。

 

03. これでインストールは完了となります。

以下のコマンドで正しくインストールされているか確認してみましょう。

# mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.19, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

 

以下のコマンドで実際にログインができるかも確認してみてください。

「Enter password:」と表示されますので、先程設定したパスワードを入力してEnterを押してください。

「mysql>」のように表示されればログインができていますので、「exit」と入力してEnterを押すと戻ることができます。

# mysql -uroot -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 6
Server version: 5.7.19-0ubuntu0.16.04.1 (Ubuntu)

Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

mysql>
mysql> exit
Bye

 

日本語設定

MySQLで日本語が使えると後々便利だと思いますので、最後に日本語の設定を入れて完了としましょう。

 

01. まずは事前に設定ファイルをバックアップします。

# cp -p /etc/mysql/my.cnf /etc/mysql/my.cnf_default

# ls /etc/mysql/my.cnf /etc/mysql/my.cnf_default
/etc/mysql/my.cnf  /etc/mysql/my.cnf_default

 

02. 設定ファイルを開いて以下を一番下に追記してください。

# vi /etc/mysql/my.cnf
--------------------------
[mysqld]
character-set-server=utf8
skip-character-set-client-handshake
default-storage-engine=INNODB

[mysqldump]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8
--------------------------

 

03. 正しく設定が入れられているか確認しましょう。

以下のような感じで、追記した設定が差分として出てくればOKです。

# sdiff -s /etc/mysql/my.cnf /etc/mysql/my.cnf_default
                                                              <
                                                              <
[mysqld]                                                      <
character-set-server=utf8                                     <
skip-character-set-client-handshake                           <
default-storage-engine=INNODB                                 <
                                                              <
[mysqldump]                                                   <
default-character-set=utf8                                    <
                                                              <
[mysql]                                                       <
default-character-set=utf8                                    <

 

04. 設定を反映させるために、MySQLを再起動して、ステータスを確認しています。

再起動後に「Active: active (running)」となっていれば起動しているのでOKです。

# systemctl restart mysql.service

# systemctl status mysql.service
● mysql.service - MySQL Community Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mysql.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sun 2017-08-27 09:51:30 PDT; 17s ago

 

05. MySQLにログインをして確認してみましょう。

ログイン後、「show global variables like ‘%character%’;」コマンドの結果が以下のように「utf8」になっていることを確認できれば完了です。

# mysql -uroot -p
Enter password:
.
.


mysql> show global variables like '%character%';
+--------------------------+----------------------------+
| Variable_name            | Value                      |
+--------------------------+----------------------------+
| character_set_client     | utf8                       |
| character_set_connection | utf8                       |
| character_set_database   | utf8                       |
| character_set_filesystem | binary                     |
| character_set_results    | utf8                       |
| character_set_server     | utf8                       |
| character_set_system     | utf8                       |
| character_sets_dir       | /usr/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------+
8 rows in set (0.10 sec)

 

 

皆さんお疲れ様でした。

UbuntuでMySQLインストールできたでしょうか。

実際のMySQLの使用方法等は今後の記事でお伝えしていきますので

わからないことがあれば是非コメント等頂ければと思います。

オススメの関連商品

コメント