Salesforce レコード(データ)の確認

Salesforce

レコード(データ)の確認

Salesforceで、カスタムオブジェクトを作成した際に、そのカスタムオブジェクトを確認したいことがありますが

作成時の設定によっては「Lightning Experience」だと、アプリケーションランチャーや、「Salesforce Classic」だとタブに表示されないことがあります。

Salesforceに慣れていないときは、オブジェクトの内容や挿入したデータを確認したいときにやり方が分からず困ってしまったことがあるかと思いますので、備忘録も含めて掲載していきます。

 

まず、クイック検索 Salesforceを参考に、クイック検索欄を開き「タブ」と検索すると、検索結果表示されるかと思いますので
検索結果の中から「タブ」をクリックしてください。

 

以下のような画面が表示されるかと思いますので、
「カスタムオブジェクトタブ」の項目にある「新規」をクリックしてください。。

 

「新規カスタムタブ」の入力項目が表示されますので、以下、入力していきましょう。
入力が完了したら、「次へ」をクリックしましょう。

オブジェクト:タブを作成したいカスタムオブジェクトを選択する

タブスタイル:任意のスタイルを選択する

 

作成するタブが全てのプロファイルに(全てのユーザから見える)で問題ない場合は、
「1つのタブ表示をすべてのプロファイルに適用する デフォルトで表示」にチェックがついていることを確認して、「次へ」を選択しましょう。

 

タブが利用できるカスタムアプリケーションに問題がない場合は、デフォルトのままで、「保存」をして完了してください。

 

これで、「Lightning Experience」だと、アプリケーションランチャー、「Salesforce Classic」だとタブに表示されるようになったことがわかります。
表示されたカスタムオブジェクトのタブを選択すると、レコードなどの情報が確認できるようになります。

 

「Lightning Experience」 アプリケーションランチャー

 

「Salesforce Classic」 タブ

 

<

p class=”topictitle”> 

コメント