色々なOSでcomposerインストール方法をマスターする

Composer

Composerインストールしたい・・!

Laravelなどのフレームワークを使用していると、PHPのパッケージ管理にComposerを使用していると思います!

普段はMacでCompoerを使用していても、サーバー構築のためにComposerをインストールする必要が出てくることもあります!

今回は、そのような時のために色々なOSでcomposerインストール方法を纏めておきたいと思います!

Linuxでcomposerをインストールする方法

Composerをインストールする方法はとても簡単です。

以下の公式サイトを見ながら、インストールしていきましょう!

前提条件として、PHPがインストールされていないといけないので、以下のリンクから事前にPHPをインストールしておきましょう。

Centosでのcomposerインストール方法

公式サイトのDownload Composerのしたにあるコードをコピーして実行しましょう。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

実行が終わったら、以下のようにコマンドとして使えるように/usr/local/bin/ 配下にcomposerを移動させて実行権限をつければOKです。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer  
sudo chmod +x /usr/local/bin/composer

Ubuntuでのcomposerインストール方法

Ubuntuの場合も全く同様のやり方です。

同様の手順で、composerをインストールしましょう!

公式サイトのDownload Composerのしたにあるコードをコピーして実行。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

composerをコマンドとして実行できるように、移動させて実行権限をつければOK。

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer  
sudo chmod +x /usr/local/bin/composer

Windowsでcomposerをインストールする方法

Windowsでcomposerをインストールするには、インストーラーを使用しましょう!

以下の公式サイトのリンクから、 Composer-Setup.exeをダウンロードしてきてください。

インストーラで進めていけば簡単にcomposerをインストールすることができます。

インストールでの流れが見たい方は、以下のサイトが参考になります。

macでcomposerをインストールする方法

macもCentOSやUbuntuと同じやり方でインストールすることが可能です。

公式サイトのDownload Composerのしたにあるコードをコピーして実行しましょう。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

composerをコマンドとして実行できるように、移動させて実行権限をつければOK。

mv composer.phar /usr/local/bin/composer  
chmod +x /usr/local/bin/composer

composerがインストールされたことを確認する方法

composerがインストールすることができたか確認したい場合は、以下のコマンドで確認することができます!

$ composer -V
Composer version 1.7.3 2018-11-01 10:05:06

$ composer --version
Composer version 1.7.3 2018-11-01 10:05:06

composerのインストール先の確認方法

composerがどこにインストールされたのか確認したい!という場合は、各OSで以下のコマンドを使用すれば確認できます!

Linuxの場合

whichコマンドで、composerコマンドが/usr/local/bin/配下にあることがわかりますね!

$ which composer
/usr/local/bin/composer

Windowsの場合

Windowsの場合は、whereコマンドで確認できます。

> where composer

Macの場合

MacもLinuxと同様にwhichコマンドで確認できます!

$ which composer
/usr/local/bin/composer

composerがうまくインストールできない場合

composerのインストールでエラーが出てしまう場合など、こちらで紹介した手順でうまくインストールができない場合は、是非内容をコメントしてください!

Composerのインストールが完了したら

Composerのインストールが完了したら、PHPで一番人気があるLaravelを学習していくのがオススメです!

こちらの記事を参考にして、Laravelのインストールをしてみてください!

その他にもLaravelへ入門する際に参考になる記事を書いていますので、是非参考にしてください!

まとめ

今回は、色々なOSでcomposerインストール方法を学習しました!

composerは、PHPPHPのフレームワークを扱う上で非常に大切なので、インストールができたら、たくさん使ってみて是非仕組みなども理解していけると良いですね!

オススメの関連商品

Note一覧

コメント