PHPのdisplay_errorsでエラーを画面に表示する

PHP

display_errorsとは?

PHP: 実行時設定 - Manual

エラーをHTML出力の一部として画面に出力するかどうかを定義します。

 

display_errorsを指定することで、PHPで発生したエラーを画面に出力できます。

PHPでプログラムが期待通りに動作しない場合に、デバッグする際の補足情報として手がかりにすることができます。

 

ソースで指定する方法

エラーを表示する

display_errorsini_setでPHPプログラム内に指定して、エラーを画面に表示する方法です。

パラメータに1を渡します。

PHPプログラムに指定するだけなので、簡単に設定をすることができます!

<?php

// エラーを表示する場合
ini_set( 'display_errors', 1 );

$x = 10;
echo $x;
echo $y;

 

表示結果

このように、Noticeとして定義されていない変数の情報が表示されています。

 

エラーを表示しない

こちらは、エラーを非表示にする方法です。

同様にPHPプログラム内にdisplay_errorsを指定しています。

パラメータに0を渡します。

<?php

// エラーを表示しない場合
ini_set( 'display_errors', 0 );  

$x = 10;
echo $x;
echo $y;

 

表示結果

 

PHPの設定ファイル(php.ini)で指定する方法

php.iniに設定を記述して、エラーの表示を制御する方法を確認します。

こちらのサンプルを実行して、エラーが画面に表示されるか確認していきます。

<?php

$x = 10;
echo $x;
echo $y;

 

エラーを表示する

設定ファイルでは、display_errorsOnにします。

表示結果を確認すると、ちゃんと有効化されていることがわかります。

php.ini

; エラーを表示する場合
display_errors = On

 

表示結果

 

エラーを表示しない

エラーを表示しない場合は、設定ファイルでは、display_errorsOffにします。

php.ini

; エラーを表示しない場合
display_errors = Off

 

表示結果

 

オススメの関連商品

コメント