Mac Xcode本体とCommand Line Tool for Xcodeのインストール

Git

Macを買って色々環境を整えなきゃいけないけど、、、

とりあえず、一気にやるのは面倒なので、プログラミングしながら揃えていこう!と思った時でも、まずインストールが必要になるのはこのXcodeGitのインストールですね。

また新しくMacを買った時の為に、備忘録としてしっかり手順を残しておくことにします。

Xcode(Command Line Tool)のインストール

何かと開発に必要なXcode(Command Line Tool)ですが、

  • Xcode(Command Line Tool)
  • Xcode本体

で異なるようです。

こちらのようにHomebrewを使いたいだけなら、とりあえず、Command Line Toolで大丈夫みたいです。

ただWeb開発していてXcode本体が必要な場合も結構あります。

僕の場合は最近だとNPMのパッケージを使っていた時にエラーになりました。

なのでネイティブアプリ開発をする人以外にも、普段からWeb開発を行っている人は、Xcode本体ごと入れてしまうのがオススメです。

Xcode(Command Line Tool)をインストールする場合

こちらのコマンドで、Command Line Tool for Xcodeをインストールできます。

ポップアップが表示されるのでそれに従ってインストールしていけばOKです。

$ xcode-select --install

以下の記事が参考になりました。

僕の場合はターミナルを開いてたまたまgitって打ったら、Xcode(Command Line Tool)のインストールを促されるプロンプトが表示されて、それをぽちぽちしていったらインストールが完了しました!

Xcode本体をインストールする場合

こちらはXcode本体をインストールする方法です!

注意点は、インストールに結構時間がかかることです。

またコマンドが苦手という方はこちらの方法でインストールしても良さそうです!

MacにXcodeをインストールする - Qiita
*超初心者向け 1. Macのバージョンを調べる 画面左上のAppleマーク > このMacについて > 概要 → OSX xxx  バーションxxxxx 2. 該当のXcodeをインストール AppleのDeve...

インストール後の確認

以下のコマンドを打ってバージョンが表示されていればOKです。

$ xcode-select --version
xcode-select version 2354.

または

$ xcode-select -v
xcode-select version 2354.

Gitのインストール

Gitは上記の手順でXcode(Command Line Tool)をインストール後、一緒にインストールされたようでした。

これでGitが使えるようになっちゃいました、、、書くことないですね!

とりあえず、以下のようにコマンドを打ってバージョンが表示されればオッケーです!

$ git --version
git version 2.20.1 (Apple Git-117)

もしGitがインストールされていない場合は、以下の記事を参考にしてHomebrewをインストール後、brew installでGitを入れてしまえば完了です!

Gitのインストールコマンド

$ brew install git

まとめ

今回は、MacでXcode(Command Line Tool)とGitインストールの方法を書きました!

新しいMacを買うと色々と環境構築をする必要が出てくると思うので、こちらの記事を是非参考にして、環境構築をして貰えればありがたいです。

オススメの関連商品

Note一覧

コメント