Mac Homebrewインストール手順

Homebrew

新しくMacを買ったら、まず環境構築で必要になるものといえば、Homebrewですよね!

Homebrewは、Web系のプログラマーにとっては必須アイテムです!

こちらの記事を参考にしてHomebrewをインストールしたら、brew installを使用してサクサクとライブラリなどをインストールして行っちゃいましょう!

それでは早速インストール手順を確認していきましょう!

Homebrewとは

この記事を見てくれている方のほとんどは理解しているとは思いますが、まずはHomebrewとは?についても一応解説をいれておきます。

HomebrewはMacOSでのパッケージ管理システムです。

Linuxを使ったことがある人はすぐにわかると思いますが、yumやapt-getなどと同じようなものです。

上記の説明だと、Linuxが使ったことがない人にとってはなかなかイメージしずらいかもしれません。

Windowsユーザー向けにざっくり説明すると、Windowsでソフトウェアをインストールする時に、exeをダウンロードして、exeを実行し、ぽちぽちとインストールしていくことがあると思います!

Macでは、Homebrewを使用すると、ぽちぽちインストールしていくのではなく、ターミナルからコマンド一発でインストールできるようにしてくれます。

また補足すると、ソフトウェアをインストールする時に考慮しなければいけないパッケージの依存関係なども良しなにやってくれるのがパッケージ管理システムということになります。

Xcodeのインストール

brewのインストールにはXcodeが必要です。

もしまだの場合は以下の記事を参考にしてインストールしましょう!

もしくは以下のコマンドを打ってみて、インストールされていない場合はプロンプトが出てきてインストールが促されるので、それに従えばOKです。

僕の場合は、事前にインストールしていたので以下のようにalready installedと出力されました。

$ xcode-select --install
xcode-select: error: command line tools are already installed, use "Software Update" to install updates

Homebrewのインストール

それでは本題のHomebrewのインストールに入っていきます。

Homebrew公式サイトにインストールコマンドが掲載されていますので、こちらを参考にしてインストールしていきましょう!

実行コマンド

公式サイトにも掲載されていた以下のコマンドを打つだけでインストールできます!

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストール確認

状態を確認する

インストール完了後の確認をしていきます。

まずは以下のbrew doctorコマンドで状態を確認しましょう!

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

バージョンの確認

次にバージョンを確認して、ちゃんとバージョンが出力されればOKです。

$ brew --version
Homebrew 2.1.10
Homebrew/homebrew-core (git revision 17c8; last commit 2019-08-16)

Homebrewがインストールできない場合

xcode-select: error: invalid developer directoryが発生する場合

エラー内容

発生するエラーはこちらです。

xcode-select: error: invalid developer directory ‘/Library/Developer/CommandLineTools’

対処方法

対処方法はXcodeをインストールして、Command Line Toolを導入すれば解決します!

Permission deniedのエラーが発生する場合

エラー内容

こんな感じのエラーが発生した場合です。

'/path/to/directory/〜': Permission denied

対処方法

Permissionのエラーの場合は、以下の公式サイトにも記載がありますので、参考にしましょう!

対象のディレクトリにPermission(権限)がないことによるエラーとなりますので、以下のコマンドで対象ディレクトリへ権限を付与してあげましょう!

sudo chown -R $(whoami) 'エラーが発生したディレクトリを指定する'

Homebrewの基本的な使い方

Homebrewでインストールできるものを検索する

ブラウザから検索する

インストールできるものを検索したい時はこちらの検索ツールで見つけることができます!

コマンドラインから検索する

コマンドラインでは以下のコマンドで簡単に検索することができます!

$ brew search [package_name]

パッケージの情報を見たい時

パッケージの情報はinfoで情報を出力することができます!

$ brew info [package_name]

パッケージをインストールしてみる

インストールする場合は、installで簡単にインストールすることができます。

$ brew install [package_name]

インストールされているか確認

パッケージがインストール済みであるかは、grepを合わせて行うとできます!

$ brew list | grep "[package_name]"

Homebrewの設定情報を確認する

以下のコマンドで設定情報がズラーっと出てくるので、確認したい項目を探します。

$ brew config

Homebrewのインストール先を確認する

Homebrewのインストール先を確認したい時はこのコマンドです!

$ brew --prefix

以下でも確認できます!

$ which brew
/usr/local/bin/brew

$ ls -l /usr/local/bin/brew
lrwxr-xr-x  1 kou  admin  28  8 17  2019 /usr/local/bin/brew -> /usr/local/Homebrew/bin/brew

listでインストール一覧を表示し、インストールしたものを確認したい時

Homebrewでインストールしたパッケージの確認をしたい時はこちらです!

$ brew list

Homebrewを学べる書籍

プログラミングの初学者で

  • あの黒い画面が苦手・・
  • ターミナルの操作に不安がある
  • 簡単な操作でもすぐにコマンドが思い出せない・・

という方は、一から書籍などでコマンドラインの基礎から学習するのがオススメです!

プログラマーとしてコマンドラインでの操作は必須と言えますので、苦手意識を克服できるように学習しましょう!

以下のように、コマンドラインをピンポイントで学習するでもOKです!

インフラ系の学習として、資格でも有名なLPICやLinuCで、インフラやコマンドライン全般を学習してもOKです。

参考サイト

まとめ

今回は、Homebrewのインストール手順を確認しました!

Web系のプログラマーは、普段からHomebrewを使っているとは思います、プログラミング学習中の方も是非使ってみましょう!

最初はターミナルからの操作やコマンドでの操作は難しいと感じるかもしれないですが、コマンドラインからインストールできるとかなり便利です!

Homebrewのインストールをサクッと終えて、brew installで環境構築やプログラミングの学習を引き続き、頑張って行きましょう!

Note一覧

コメント