Mac Homebrewインストール手順

Homebrew

新しくMacを買ったら環境構築で必要になるものといえば、brewですよね。

brewがないとbrew installできないので、プログラマーにとっては必須アイテムです。

それではインストール手順を確認していきましょう!

Homebrewとは

この記事を見てくれている方のほとんどは理解しているとは思いますが、Homebrewとは?についても一応解説をいれておきます。

HomebrewはMacOSでのパッケージ管理システムです。

Linuxを使ったことがある人はすぐにわかると思いますが、yumやapt-getなどと同じようなものです。

Linuxが使ったことがない人にとってはなかなかイメージしずらいとは思いますが、要はソフトウェアをインストールする時にexeを叩いてぽちぽちとインストールしていくのではなく、ターミナルからコマンドでインストールできるようにしてくれます。

ソフトウェアをインストールする時に考慮しなければいけないパッケージの依存関係なども良しなにやってくれるのがパッケージ管理システムです。

Xcodeのインストール

brewのインストールにはXcodeが必要です。

もしまだの場合は以下の記事を参考にしてインストールしましょう!

もしくは以下のコマンドを打ってみて、インストールされていない場合はプロンプトが出てきてインストールが促されるので、それに従えばいいみたいです。

僕の場合は、事前にインストールしていたので以下のようにalready installedと出力されました。

$ xcode-select --install
xcode-select: error: command line tools are already installed, use "Software Update" to install updates

Homebrewのインストール

それでは本題のHomebrewのインストールに入っていきます。

一番安心な公式サイトにインストールコマンドが掲載されていますので、こちらも参考にしてインストールしていきましょう!

公式サイトにも掲載されていた以下のコマンドを打つだけでインストールできます!

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストール確認

インストール完了後の確認をしていきます。

まずは以下のコマンドで医者に状態を確認しましょう!

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

次にバージョンを確認して、ちゃんとバージョンが出力されればOKです。

$ brew --version
Homebrew 2.1.10
Homebrew/homebrew-core (git revision 17c8; last commit 2019-08-16)

まとめ

今回は、Homebrewのインストール手順を確認しました!

Homebrewのインストールが完了した後は、brew installしまくって、さっと環境構築をおえちゃいましょう!

コメント