WordPress手動アップデート方法

WordPress

WordPressをアップデートする方法

今回は、WordPressのアップデート手順についてご紹介します。

WordPressをアップデートする方法としては、

  • 管理画面からの自動でアップデートする
  • ソースをダウンロードし、手動でファイルを差し替える

などの方法があります。

今回はWordPressの任意のバージョンへアップデートしたり、柔軟にアップデートしたい場合に便利な手動でのアップデート方法をご紹介していきます。

もし管理画面からさっと自動でアップデートしたいという方はこちらを参照して下さい。

アップデート手順

それではWordPressのアップデート手順をまとめていきます。

手順はこちらサイトを参考にしました。

プラグインの無効化

まずは、プラグインの無効化を実施します。

WordPressアップデート後にプラグイン周りで不具合が発生したりするので、管理画面から事前にプラグインを全て無効化します。

もしプラグインでセキュリティを担保しているところは、ガバガバになりますのでサイト自体に一時的に制限をかけるなどやり方を考慮した方がいいかもしれません。

またもしくは個人的には、プラグイン周りで毎回不具合が発生したりするわけではないので、このプラグインの無効化の手順はスキップしても良いかもしれません。(個人判断でお願いします。)

アップグレード後にプラグインを有効化しますので、元々有効化していたプラグインがわかるようにメモやキャプチャなどをしっかりと取得しておきましょう!

ワードプレスをダウンロード

まずは更新したいバージョンのWordPressをダウンロードしてきましょう!

こちらのリリース | WordPress.org 日本語から任意のバージョンのWordPressをダウンロードしましょう!

$ wget https://ja.wordpress.org/wordpress-[任意のバージョン]ja.tar.gz

$ tar xzf wordpress-5.2-ja.tar.gz

$ mv wordpress-[任意のバージョン] new_wordpress

ここでは、新旧のWordPressが区別つきやすいように、旧をold_wordpress、新をnew_wordpressと表現します。

新しいバージョンのWordPressから不要なファイルを削除

先ほどダウンロードした新しいバージョンのWordPressから不要なファイルを全部削除します。

$ rm -fr new_wordpress/wp-content
$ rm -fr new_wordpress/wp-config-sample.php
$ rm -fr new_wordpress/.htaccess
$ rm -fr new_wordpress/wp-admin/.htaccess

これらのファイルは、現在のWordPressから現在使用しているものを持ってきますので全消しでOKです。

必要なファイルを新しいバージョンのWordPressへコピーする

現在まで使用していたWordPress内にある必要なファイルを新しいバージョンのWordPressへコピーします。

基本的には、以下のファイルでOKですが、他にも別途自分でカスタマイズしている場合などは、別途ファイルのコピーが必要なので注意してください。

$ cp -pr ./old_wordpress/wp-content/ new_wordpress/
$ cp -pr ./old_wordpress/wp-config.php new_wordpress/
$ cp -pr ./old_wordpress/.htaccess new_wordpress/
$ cp -pr ./old_wordpress/wp-admin/.htaccess new_wordpress/wp-admin/

新しいWordPressへ差し替える

バージョンアップされたWordPressをリリースします。

ディレクトリ名などをnew_wordpressからwordpress(リリースディレクトリ)へ変更してリリースしましょう!

これでバージョンアップされたWordPressがリリースされます。

再起動

一応Webサーバーミドルウェア周りを再起動しておきましょう!

データベースのアップグレード

この時点で管理画面へアクセスすると、データベースの更新が必要な場合はデータベースの更新が促されますので実施してください。(不要な場合もあるようです)

ただし、AWSのACMやALB、Nginxでリバースプロキシなど間に何か経由している場合は、ワードプレスのアップデート後、リダイレクトループが発生して管理画面へいけなくなる現象が発生します。

そのような場合の解消手順は以下へ掲載していますので、こちらをご確認ください。

プラグインの有効化

管理画面へ行けたら、事前に無効化したプラグインを有効化に戻せばアップグレード作業完了です。

まとめ

今回は、WordPressの手動アップデート方法について学習しました!

基本的には、管理画面からアップデートするのが楽ですが、任意のバージョンにアップしたいときなど多々あります!

WordPressはプログラミングなしで色々とできて便利なので積極的に活用していきたいところです!

オススメの関連商品

コメント