S3バケットの全公開方法

AWS

S3を全公開にしたい!

S3を全公開にしたい!って時がありました。

本当はTerraformとかでやっておきたかったのですが、個人の既存のものは全部手動でやってしまっているので、全部移行する気力が湧くまでは、ぽちぽち頑張りたいと思います。

ということで、ぽちぽちした結果を備忘録として記事にしておきたいと思います!

S3の全公開方法

ブロックパブリックの修正

まずS3の設定で、アクセス権限->ブロックパブリック全部OFFにします。

アクセス権限

ブロックパブリック

全部OFF

ここを全部OFFにします!

バケットポリシーの編集

バケットポリシーを以下のように編集して、パブリックアクセス権限を付与します!

“Resource”: “arn:aws:s3:::storage.awesome-linus.com/*”の部分は対象のバケット名に修正してください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "PublicReadGetObject",
            "Effect": "Allow",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:GetObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::storage.awesome-linus.com/*"
        }
    ]
}

“Version”: “2012-10-17の部分は、IAMポリシー言語のバージョンみたいなので、ここは修正したりしないように気をつけてくだい。

本記事執筆時点だと、[2012-10-17]が最新みたいです。

仮に過去のバージョンとか指定することがある場合は、以下の公式サイトを見れば良さそうです。

アクセスできるようにする

これでS3は全公開になったので、Route53CloudFrontを設定してアクセスできるようにすればOK!

まとめ

今回は、AWS S3の全公開方法についてまとめました!

S3の利用用途としては、画像配信などが一番多いと思うので、サクッと全公開にしちゃえると良いですね!

Note一覧

コメント