anyenvをインストールしてenv系を管理、色々なenvを使用する

開発全般

anyenvを使用してenv系を管理、色々なenvを使用する

複数の言語複数のプロジェクトをやっていると、各環境でバージョンの切り替えなどに困りますよね?

色々なツールがありますが、一括管理できて、導入も非常に簡単なanyenvが便利でしたので記事にまとめておきたいと思います!

anyenvレポジトリ

環境構築

インストール

brewを使用して簡単にインストールができます!

$ brew install anyenv

.bash_profileや.zprofileに追加

bashを使っている時は以下を打ちます。

~/.bash_profile 

$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

zshの場合は以下です。

~/.zprofile 

$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zprofile

シェルを再読み込み

シェルを再読み込みします。

$ exec $SHELL -l

初期化

次のコマンドで初期化を実行していきます。

$ anyenv install --init

anyenvで使えるenv系の一覧を表示する

これでanyenvが使えるようになりました!

anyenvで使えるenv系の一覧を表示してみます!

$ anyenv install -l 

以下のenvを使用することが可能なようです。

  Renv
  crenv
  denv
  erlenv
  exenv
  goenv
  hsenv
  jenv
  jlenv
  luaenv
  nodenv
  phpenv
  plenv
  pyenv
  rbenv
  sbtenv
  scalaenv
  swiftenv
  tfenv

goenvを使ってみる

goenvを導入したので、その時のやり方を掲載しておきます!

goenvインストール

$ anyenv install goenv

goのバージョンを確認する

シェルを再起動後、以下のコマンドを実行し、インストール可能なバージョンを確認する。

$ goenv install -l
Available versions:
  1.2.2
  1.3.0
  1.3.1
  1.3.2
  1.3.3
  1.4.0
  1.4.1
  1.4.2
  1.4.3
  ......
  ......

goのインストール

$ goenv install 1.13.15

$ goenv global 1.13.15
$ goenv rehash

インストール後の確認

$ go version
go version go1.13.15 darwin/amd64

nodenvを使ってみる

nodenvを導入したので、その時のやり方を掲載しておきます!

nodenvインストール

$ anyenv install nodenv

nodeのバージョンを確認する

$ nodenv install -l
0.1.14
0.1.15
0.1.16
0.1.17
0.1.18
......
......

nodeのインストール

$ nodenv install 12.18.3
$ nodenv global 12.18.3
$ nodenv rehash

インストール後の確認

$ node -v
v12.18.3

インストールされているNodeバージョンの確認

% nodenv versions      
* 12.18.3 (set by /Users/kou/.anyenv/envs/nodenv/version)
  14.15.1
  14.15.4

Nodeバージョンの切り替え

% nodenv global 12.18.3

異なるNodeのバージョンを使用する際に便利に使う方法

.node-versionを各プロジェクト配下に置いておくと、自動でバージョンを切り替えてくれるので便利。

以下のようなファイルをプロジェクト直下に作成すればOK。

% cat .node-version 
v12.6.0

nodenvで未インストールの場合は、以下のようにインストールされていませんと出力される。

% node -v
nodenv: version `v12.6.0' is not installed (set by /Users/****/git/sample/.node-version)

その場合は、インストールしておけばOK。

$ nodenv install 12.6.0

インストール済であれば自動でそのバージョンのNodeが選択されるから便利。

nodenvでnpm install globalしたコマンドが認識されない時

# nodenvからnodeやグローバルなnpmパッケージを見えるようにするためにrehashを行う # 新しいnodeのバージョンを入れたり、npm install -gなどを行ったときに実行する必要がある nodenv rehash
npm install -gのたびにrehashを行うのが面倒であれば
nodenv-package-rehash
のパッケージを入れることでそれを省略できます。

https://qiita.com/282Haniwa/items/a764cf7ef03939e4cbb1

上記の記事が参考になります。

nodenv-package-rehashを入れても良さそうですが、とりあえずであれば、以下のコマンドを打てば解決します。

% nodenv rehash

ここにコマンドが現れる。

% ll /Users/kou/.anyenv/envs/nodenv/shims
total 120
drwxr-xr-x  17 kou  staff  544  9  8 16:38 .
drwxr-xr-x  24 kou  staff  768  9 16  2020 ..
-rwxr-xr-x   1 kou  staff  425  8  4 02:18 _mocha
...

まとめ

今回は、anyenvを使用してenv系を管理、色々なenvを使用しました!

複数の言語や複数のプロジェクトをやっていると、バージョンの切り替えなどに困りますが、anyenvを使うと便利です!

バージョンを切り替えるために色々なツールがありますが、一括管理できて、導入も非常に簡単なので、是非anyenvを試してみてください!

オススメの関連商品

Note一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました