Rustのインストール方法とHelloWorld実行

Rust

【Mac】Rustのインストール方法

最近Rustへ入門し始めましたので、まずはインストール方法からまとめていきたいと思います。

Rustのインストール

ちょっとパッと見わかりにくいですが、公式サイトの以下の部分を参考にしていけば簡単にインストールすることができます。

こちらのコマンドを実行します。

% curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

PATHに追加

zshを使っている場合は以下のコマンドでPATHに追加してください。

% echo '$HOME/.cargo/bin' >> ~/.zprofile

インストールの確認

% rustc --version
rustc 1.50.0 (cb75ad5db 2021-02-10)

% cargo --version
cargo 1.50.0 (f04e7fab7 2021-02-04)

HelloWorldやってみる

せっかくなので、HelloWorldをやってみます。

cargo newで雛形作成

cargo newで雛形を作成します。

% cargo new hello-rust

ディレクトリへ移動

% cd hello-rust

こんな感じの雛形が作成されています。

% tree   
.
├── Cargo.toml
└── src
    └── main.rs

1 directory, 2 files

作成されたファイルの中身はこんな感じ。

% cat Cargo.toml 
[package]
name = "hello-rust"
version = "0.1.0"
authors = ["kou <***@********.com>"]
edition = "2018"

# See more keys and their definitions at https://doc.rust-lang.org/cargo/reference/manifest.html

[dependencies]

これがmainのプログラムです。

% cat src/main.rs 
fn main() {
    println!("Hello, world!");
}

Rustの実行

cargo runでRustを実行することができます。

% cargo run

まとめ

今回は、Rustのインストール方法とHelloWorld実行まで試してみました!

僕自身、Rustの基本的な部分までは扱えるようになったので、まだまだ情報の少ないRustですので今後基礎的な部分はどんどん記事を書いていけるように頑張ります。

オススメの関連商品

Note一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました